>

風俗嬢とは?

風俗店の種類

「風俗店」という言葉を聞くと、良い印象を持たない方もおられるかと思います。
風俗店とは一般的には性風俗店のことを指し、男性(女性の場合もあり)に対して性的なサービスを行う店のことを指します。
種類も多様であり、店舗型性風俗特殊営業としては、ソープランド(1号営業)やファッションヘルス・回春エステ(2号営業)、そして個室ビデオ(3号営業)などが該当します。

また無店舗型性風俗特殊営業としては、出張エステや出張ヘルス(デリヘル)などが挙げられます。
またよく聞く名前としてキャバクラやクラブ、ホストクラブやピンクサロンなどが接待飲食営業店に分類されます。

よく勘違いされますが、本番行為(男性器の女性器への挿入行為)が行えるのは法律上ではソープランドのみとなっています。
がしかし、現状としてデリヘルなどでは本番行為が行われていたり、性感マッサージなどにおいても本番行為を行う店が存在するのも現状である。

風俗店の利用

上述のように風俗店にも色々な種類がありますが、自分が利用しようと思ったときにはどのように利用すればいいのでしょうか。
基本的に店舗型の店では、その店に行くというのが基本です。
店によってはネットでの予約が必要な店や、ネットや電話で事前に相手の女性などを決めることができます。

料金システムとしては基本的には時間単位で、値段は千差万別です。
安い店であれば、30分5000円程度、高い店では30分2万を超える店もあります。
もちろん値段が高い店のほうがサービスの質は高いですが、どのような店を選ぶかは個人の考え方次第であると思います。

値段的にもリーズナブルで利用しやすいのはデリバリーヘルスなどであると思います。
学生などでも利用しやすい料金プランのところが多いですが、一応上述のように法律上本番行為はできないということを忘れてはいけません。


この記事をシェアする